宮川 恭兵

セイルナンバー:20-3

生年月日:1990.4.28

学部学科:経済学部 経営学科

出身地:茅ヶ崎

出身高校:私立公文国際高校

役職:イベント係→会計係

部活歴:バスケ

好き:ジヨン

嫌い:納豆、明太子、茄子

趣味:DVD集め

 

 

 

 

 

 

黒い、軽い、テンション高い。チャラ男の三大要素を全て兼ね備えた彼であったが、ウィンドを始めてから髪もばっさり切りウィンドに真剣に取り組みアスリートと変貌をとげた。そう、アスリートに。今ではCSKAモスクワFWMFとして活躍しているようだ。

 

本田△

 

とりあえず今、話題のあの人本田圭佑に激似であるが勝気な性格ではなく、むしろクールな性格である。

 

そして宮川氏を語る上で欠かせないのが彼のボキャブラリーの少なさである。

彼の発言の大部分はパネェとガチで構成されている。

宮川語ではパネェ、ガチは動詞、形容詞、名詞、形容動詞へと華麗なる変貌をとげる万能語なのだ。(もちろん我々には理解できない。)

彼がどれくらいパネェかと言うと、団大戦の前入りで皆が同じ部屋で寝ていた夜。彼の布団から「・・・。ぱねぇ」と寝言が聞こえてくるほどだ。

どんなパネェ夢を見ていたのかは我々には計りかねるが、とりあえずパナかったのだろう。

 

そして、もともと日本人ではありえないくらい肌が黒いため、夏には黒人をも凌駕する勢いで黒くなる。暗闇では黒すぎて目と歯しか見えない。

黒すぎてー!見えナーイ!

果たしてどれくらい黒いのか。こんなエピソードがある。

 

彼が居酒屋でバイトをしていた時のこと

ある日、黒人のお客さんがやってきてバイト中にこんな会話が繰り広げられたらしい。

 

黒人「Hey, Where are you from?

恭平 I’m from 茅ヶ崎, Japan

黒人 My bad! I didn’t mean like that. Which country are you originally from??

恭平「oh, I was born in Japan and grew up in Japan. I’m Japanese

黒人「what!? Really? I can’t believe it since you look just like my brother.

 


黒人 「よう!兄ちゃん!お前、どこから来たんだい?」

恭平 「あ。え?茅ヶ崎です。」

黒人 「いやいや、そういう意味じゃねーぜ!俺が聞きてぇのはどこの国の生まれかってことだぜ」

恭平 「ぇ?いやいや、僕、日本人っすよ!」

黒人 「おい!マジかよ!信じられねーぜ!お前、俺の弟にそっくりなんだ」

2009 

沼津カップ7位/鎌倉学生選手権3位

2010

鎌倉学生選手権18位/関東支部予選33位

 

What's New

2014.8.26 更新

 

NEWS

twitter 始めました!